4、アロママッサージ(アロマトリートメント)について

①あるアロマスクールではトリートメントの順番は「仙骨」からと習いました。友達は「左足」からだそうです。貴スクールでは「個人の症状によって異なる」とありますがどれが正しいのでしょうか?
◆当スクールでは、60分や90分のマニュアルのアロママッサージはなく、個人の症状にあった部位の提案が出来るような施術内容を習います。各スクールで考え方が異なるためいろんな方法があるかと思いますのでご自身の目的(リラクゼーションやメディカルなど)に応じて選択すると良いかと思います。
当スクールの考え方は以下になります
1.患者の心身の状態を把握して.症状に応じた施術部位を決定し内容を決める。
2.患者に我慢させない安楽な体位を作ることができる。ベッドのみではなく、座位や車いすなどの状態でも施術できるようにする(環境に応じた体位)
3症状に応じた圧加減・力加減・スピードなど患者の様子を見ながら施術する


②初めてのトリートメントはどれくらいが無難ですか?いきなり90分でも良いですか?

◆アロママッサージ(トリートメント)は、年齢、アロマの経験、運動の有無、治療内容などを考慮して初めての方は短めの20分~始めます。アロママッサージの施術後の身体は運動をしたような状態になるのでまずは身体を慣れさせることが重要です。高齢者や高血圧やその他疾患のお持ちの方は長めの施術は疲れる為短時間で効果の出るように施術をするのが理想です。


③施術後はトイレに行きたくなります。また尿の量が増えたりにおいがきつくなったような気がします。アロマと関係ありますか?
◆血液やリンパ液(体液)の循環が良くなり、体内の組織間に溜まっていた水分が排泄されるため一時的に尿として排泄されます。一時的なものなので水分をとって積極的に排泄しましょう。


④施術後だるいです。ひどい時は頭痛がします。また、問診時には発熱、発疹の可能性も言われました。なんだか怖いのですが
◆③と同じく細胞の中の老廃物などがアロママッサージによって体内を移動していきます。移動するときに老廃物の量が多いと(多すぎる)移動している間(尿として排泄されるまで)は、頭痛やだるさが起こります。排泄していまうと老廃物が体内に施術前よりも少なくなるのですっきり感や体の軽さを感じると思います。何かしら変化があった時は水分をとってゆっくりするのが一番です。


⑤メディカルアロマセラピストとして働きたいです。しかし私にも持病があり使えない精油があります。でも患者様には使用しないといけないでしょうか?
◆鼻からと手の平などから常に精油は吸収されます。よって禁忌の精油を常に吸収しているとあまり健康上よろしくはないと思いますのでなるべく使わないように注意します。どうしても使うときは皮膚からの吸収を防ぐ「皮膚保護クリーム」を塗ったり、マスクし換気を心がけ、水分を十分とります。


⑥糖尿病や高血圧、癌などにアロママッサージは禁忌と教科書に記載がありますが家族がこのような病気です。病院ではやっていますよね。私はしても良いですか・
◆病院内のアロマ外来はそのような患者様ばかりが来られるので不思議に思われるかもしれません。しっかり病気に対しての施術方法や精油使用の注意点を学び、かつ医師の指導により実施しています。安易にご自身の判断でアロマをするのは控えましょう。


⑦ニキビやあせものある方にはマッサージしても良いですか?
使用するキャリアオイルや精油の種類やニキビの炎症具合にもよりますが、一般的にはマッサージは控えたほうが良いかと思います。あせもやニキビの上にオイルを塗ってしまうと出口を塞ぎ保護するようになるので却って悪化する場合もあります。精油の塗付であればOKです(きちんと相談してから活用してください)


⑧痩せたいです。エステで機械を使って痩身するのとアロマでも同じようにできますか?
◆方法はいくつかあります。1、芳香 2、アロママッサージ 3、入浴時に使用が主な使い方です。糖尿病などで食事制限がある方もよく活用されます。中性脂肪値の減少等も見らているのでやってみる価値はあります。また、美容で痩せたい方は2アロママッサージが断然お勧めです。1回の施術でもほっそりしますが元に戻りますので継続が大切です。継続しているとそのうち新陳代謝がアップして痩せ痩せやすい身体になります。