医療機関アロマ(病院アロマ・歯科アロマ)/臨床アロマ

 

アロマテラピー(Aromatherapy)とは、芳香植物(=ハーブ)から抽出された100%天然の精油を使用して心や身体を心身の不調を癒し、健康維持に役立てる療法です。アロマは「香り」、テラピーは「治療」という意味を持ち、「芳香療法」とも呼ばれます。一般的に、日本に普及しているアロマテラピーは美容や、香りによる癒しが中心ですが、最近は日本でも、補完代替医療としてのメディカルアロマテラピーも徐々に普及してきました。

【1】よい香りを楽しむ趣味的なアロマ ・・・芳香やクラフトの作成

【2】美容やリラクゼーショントリートメントなどエステ的なアロマ

【3】病院や介護現場等で実施されている「病気の治療」の補助的に使用する臨床アロマテラピー

単なる良い香りのリラクゼーションだけでなく、有効に精油を使い、有効な手技で、ストレス、鬱などメンタルへのアロマ、生活習慣病(糖尿や高血圧など)へのアロマ、ちょっとした体の不調や予防(肩こり、腰痛、頭痛、筋肉、感染症対策、消化器系など)へのアロマ、産科での妊婦へのケアや出産時へのアロマ、婦人科での女性疾患(更年期障害、不妊、月経痛など)へのアロマ、皮膚の悩み(アトピー性皮膚炎をはじめ各種皮膚や頭皮のトラブル)、がん患者様へのメンタルのケアや身体の痛み、嘔気嘔吐など、ターミナルケア、整形外科での痛み、しびれへのアロマ、小児科での子供アロマ、美容皮膚科や美容外科などでのアンチエイジングアロマなど様々な場面で有効に活用することが出来ます。

アロマテラピー導入例

病院・医院の環境改善にご利用できます。院内芳香・・・「医科」「歯科」とも人気です。

待合室や診察室、リカバリールーム、トイレなどの芳香に!
ディフューザー(業務用、家庭用芳香拡散器)を使用し、 院内にアロマの香りを芳香します。

季節、時間、天気などによって香りを変えることも可能です。院内案内やポスターを作成致します

(⇒整形外科クリニック 例)(⇒婦人科クリニック 例

<待合室・診察室・トイレ・リカバリールームなど>

P1000980-1 P1000981-1 P1000982-1 aromagiarai1

アロマテラピー導入例2.fw

よくある質問

Q、いろんな疾患をもった患者がいる待合室で香りを芳香するのはどうでしょうか?
喘息の方、アレルギーの方、香りの嫌いな方などがおられ全員がアロマ好きではないのですが・・・?

A当社は医療機関専門にメディカルアロマを導入し、一般的な趣味での芳香などと異なり安全第一の芳香を心がけております。
過去の実績で患者様からクレームのでる香りのブレンドやクレームの出ないブレンドなど統計もございます。
病院の患者層や通気などを検討し、精油の内容から一日の上限芳香滴数などをお伝えいたします。
各診療科目ごとに人気の香りなどもございますのでご安心ください。
POPや院内掲示物など一緒に納品が出来ます。

<人気のある芳香例>

  • 感染症対策(風邪、インフルエンザ対策として人気です)
  • 消臭対策、ニオイ対策(トイレ、体臭などニオイの気になる所へ)
  • リラクゼーション(待ち時間のイライラの軽減、緊張をほぐします)
  • 季節ごとの香りなど   その他目的に応じてご相談ください。

人気のある芳香例


<患者様のアンケート結果>

統計院内芳香

院内や併設施設等でアロマ外来やアロマルームの設置

患者様のリラクゼーションはもちろん、治療の補助としての臨床アロマまで可能です。

⇒導入形態やご予算などご希望をお問い合わせください。導入例や詳細をご説明させて頂きます。

<アロマルーム・アロマ外来の導入設置(自費)>

ご要望の内容に応じて、アロマ外来やメディカルアロマルームなど患者様へ(治療の補助的)補完代替医療としてのアロママッサージを行ったりや患者様への講習なども実施致します。

保険診療との兼ね合い、経理や伝票等の流れ、院内の調整、受付のマニュアル化、患者様への提案方法等導入からセラピスト派遣なども実施。また看護師等の院内アロマ教育も実施いたしますので院内スタッフでアロマ外来等の運営が可能となります。

院内や併設施設等でアロマ外来やメディカルアロマルームの設置


アロマ外来、アロマルームご利用患者様(2013年春調査)

このようなお悩みの方がアロマ外来やメディカルアロマルームを受診されています。


アロマ外来、メディカルアロマルームご利用患者様(2013年春調査)


アロマテラピー関連商品の販売

精油やディフューザーなどアロマテラピー関連商品の販売

各精油のテスターやパンフレットなど陳列させて頂きます。

アロマテラピー関連商品の販売

歯科医院でのアロマ あたまの健康チェック・あたまの健康アロマ・あたまの健康ハーブの取り扱い歯科医院が増加 歯科院内ポスター(認知症と口腔衛生)

最近のテーマ:歯科領域のアロマの展開 口腔ケアと認知症予防  

1.咀嚼による血流改善(咀嚼がおろそかになることでの血流悪化)

  →しっかりと噛むことで、脳内の血流の活性を促せる効果があるということで、それにより、認知症発症率の差や、発症後の進行抑制に繋がるとするもの

2.歯周病菌による影響 

  →歯周病菌がアミロイドβ等の原因タンパク質の生成に関連している可能性が指摘されており、歯周病を予防することも認知症予防として重要だとするもの

3、訪問歯科とアロマ

歯科医院スタッフ様作成 認知症と歯科 すずき歯科新聞

歯科医院口腔ケア 認知症アロマ



臨床アロマ導入の声

メリット

  • 患者様への治療方法を西洋医学だけではなく、様々な方法を提案することができるので、病院に対し好印象を持ち、満足される患者様が増える。
  • 患者様の病状の改善がスムーズになることが多い。
  • 不定愁訴の患者様へのアプローチがスムーズ。
  • スタッフの健康管理にも役立つ。

デメリット

  • 保険診療外のため、患者様の診療費の負担がある
  • 保険診療と異なり、人件費、材料費などコストがかかる場合がある。
  • 医師や医療従事者の中でも理解を得られない場合がある


その他

福利厚生として

医師やスタッフの方々へ出張アロママッサージを行います。病院までお伺いいたします。時間、費用等はお問い合わせ下さい。

病院・医院でのイベントとして承ります。

実施例)クリニック開業7周年イベント アロマ祭り

患者様へのアロママッサージやクラフト作成で楽しい一日を過ごして頂きました。

touseki2P1000867


臨床アロマテラピーを習得したい

  • 院内でアロマテラピー講座・アロママッサージ講座を開催いたします。

当社専門講師がお伺いいたします。学科、実技等メニューはご要望に応じます。ご希望開催日時(木曜日午後~など)、参加人数、目的等をお聞かせください。

※当スクールは、医療と介護専門のため受講内容により、公的サービス(補助がおります)が受けられる場合がございます。お問い合わせください。(時期、施設により適応されない場合もございますのでご了承ください。)

臨床アロマスクール

メディカルアロマテラピーを習得したいP1010010

導入して良かったこと、悪かったこと、医師の声、スタッフの声

良かったこと

  • 香りがあるおかげで院内の雰囲気が変わりました。素人や普通のアロマでは知識不足で芳香するのも怖かったのですが、きちんと患者層を把握してもらい、使用方法を指導してもらったので安心して使っています。患者さまも院内と同じ香りを欲しがるのでお分けしています。
  • アロママッサージは、やはり効果があるようで(理由はあまり良くわからない)、しっかり通ってもらうと不定愁訴にはとても良いようも思います。
  • 薬を出すほどではない方にアロママッサージを受けてもらっています。頭痛の方が多いですが来てもらっているアロマの方が上手なのか鎮痛剤よりも効くそうで患者様は定期的(2週間に一回や1か月に一回)通っておられます。鎮痛剤の使用量も減っているのでとても良いことだと思います。
  • 患者が増えた。
  • 患者からの紹介が増えました。
  • 近所だけでなく紹介がアロマの場合は多いので、遠いところからも来られます。クチコミ効果です。
  • 何よりもみなさん笑顔で帰られます。それをみるととても嬉しいです。
  • 院長の加齢臭が気にならなくなった(笑)
  • 受付で患者様とのコミュニケーションが取れるようになった。楽しいです。

良かったこと

悪かったこと

  • アロマを患者さんに分かってもらうまで時間がかかった(エステと勘違いされる)
  • アロマの担当の方がいない時に問い合わせがあると受付では対応できないので困った。アグライアにマニュアルを作ってもらって解決した。
  • 一人一人の患者に時間がかかるのでアロマだけみるとあまり利益にならない。


導入して良かったこと、悪かったこと、医師の声、スタッフの声